1. 会社概要
  2. 沿 革
  3. 事業所一覧
  4. 採用情報
  5. TOP
image

北東北一貫物流体制

北東北から世界へ

 秋田港、能代港は環日本海時代の北東北の拠点港としてハード、ソフト両面の整備が着々と進められています。

 秋田港は1995年に世界有数の国際ハブ港である韓国・釜山港との間に国際定期コンテナ航路が開設され、世界各港と結ばれています。

 能代港は、2001年に40,000トン岸壁が共用開始され、2006年には、総合静脈物流拠点港(リサイクルポート)に指定されました。

 みちのくの一隅から世界へ羽ばたく物流を目指して、船内沿岸荷役・通関・船舶代理店・倉庫保管・運送のトータル物流を展開してまいりました。

 さらに、お客様の国際物流ニーズにより速く、確実にお応えするため、2001年に秋田港運事業所を開設、2007年には秋田港の一般港湾運送事業を開始しました。

 環日本海の拠点港として、ますます発展が期待されている秋田、能代港、両港を通じて信頼性の高いシームレスな国際複合一貫輸送サービスの提供を目指してまいります。

  • 輸送イメージ
    能代港
    • 海外から入荷
    • 海外へ出荷
    • 北東北から集荷
    • 北東北へ配送
    秋田港
    • 海外から入荷
    • 海外へ出荷
    • 東北各地から集荷
    • 東北各地へ配送

    日曜祭日・オールナイト作業承ります。

    あらゆる貨物の選別・加工・袋詰め等の体制を整え、
    ご利用をお待ちしております。

  • 付加価値の高い複合一貫輸送サービス
    付加価値の高い複合一貫輸送サービス

    (一例・融雪剤)

    1. 荷役
    2. 原料投入
    3. 加工袋詰め
    4. 保管
    5. 配送