秋田港海上コンテナ。通関・保管・運送・作業の国際一貫物流の能代運輸

2020年、創業70周年を迎えました。
当社の特色は、
①安全最優先 
②地球環境と共生 
③健康経営 
です。
創業以来、地域社会から信頼される企業、そしてグローバル社会に対応できる総合物流企業を目指して事業を展開しております。
2017年12月、経済産業省から「地域未来牽引企業」に選定されました。
地域経済牽引事業の担い手候補となる中堅企業として期待されています。

環境への取組み

環境方針

能代運輸株式会社は、日本海へ注ぐ米代川、世界遺産白神山地、日本最大級の防砂林「風の松原」など水と緑の豊かな自然環境の中で事業を展開しています。
貴重な自然環境を守るため、気候変動等による環境問題に対する積極的な保全活動は、企業の社会的責任であります。
運送事業者として輸送サービスの提供から生ずる環境負荷の削減に取組むことで、地球環境の保全に貢献し、社会から信頼される企業を目指します。

基本方針

1.全ての業務に関して「安全最優先」のスローガンのもと、環境汚染の予防に努めます。

2.エコドライブ(スピード、車間距離厳守)実施によりCO2、排出ガス削減を推進します。

3.環境保全に関する法令、協定、その他当社が同意する要求事項を遵守します。

4.廃棄物の適正処理とリサイクルを推進します。

5.環境目的、目標の達成とその定期的な見直しを行うことで、環境マネジメントシステムの継続的な向上を図ります。

6.環境保全に関する意識と知識を向上させるための教育を全社員に行います。

7.この方針は、全社員に周知徹底するとともに社外に公表します。

私たちのISO取組事項

1.本社事務所内外の職場環境(衛生面)を毎月確認し、適正に保つ

2.確認不足で発生する事故を削減する

3.スキル項目の確立と現状のレベルを把握できている

4.退社時間の早期化

ISO14001マネジメント登録 認証取得

安全マネジメントへの取組み

輸送の安全に関する基本的な方針

当社は、「安全最優先」をモットーに、全社員が一体となって運輸安全マネジメントを推進します。

1.経営者は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社員に「安全最優先」の意識を徹底させ、また、社内における安全活動の主導的役割を果たします。

2.運輸安全マネジメントを確実に実施し、全社員がPDCAサイクルにより継続的に輸送の安全性向上に努めます。

3.輸送の安全に関する情報について、公開します。

輸送の安全に関する目標及び達成状況

2021年度 目標

1.重大交通事故(運輸支局報告事故)0件継続

2.労働災害撲滅(休業4日以上)0件継続

3.指差呼称 完全実施

輸送の安全に関する重点施策

1.安全衛生パトロールの継続実施

2.社内安全教育の充実

  ・実地訓練指導の強化

  ・若手社員育成の強化

3.ドライブレコーダー映像記録を用いた安全指導

4.各安全会議指導事項完全後追い

5.安全対策の定着

6.衛生管理の推進


自動車事故報告規則第2条に規定する
事故に関する統計

事故の種類 発生件数
2019年度 2020年度
1転覆、転落、路外逸脱 0 0
2火災 0 0
3踏切 0 0
4衝突 0 0
5死傷 0 0
6危険物等 0 0
7健康起因 0 0
8車輛故障 0 0
0 0

健康経営への取組み

健康経営宣言

当社は、社員の「健康」を重要な経営資源と捉え、「経営の最も重要な要素は“人財”である」という基本理念のもと、社員と家族の健康増進と働きやすい職場づくりへの取組みを推進していきます。

2021年度 取組み事項

1.「健康経営宣言」を社内外へ発信します。

2.法令を順守します。

3.定期健康診断受診率100%を継続します。

4.定期健診有所見者の受診(要再検・精検)100%を推進します。

5.社員の生活習慣病等の疾病に対する発生・重症化予防を推進します。

6.受動喫煙対策を推進します。